Oyaji No Boo log
  >> ホーム
カテゴリ
  • 一般
  • YAMAHA WX5
  • HOMEPAGE更新
  • CHROMONICA 270
  • ブルースハープ
  • オリジナルソング
  • Line6 POD XT LIVE
  • XGWorks ST
  • MIDI 関係
  • SoundHole
  • FireWire
  • SEO対策に思う
  • Valley Arts
  • ウッドデッキ&ガーデン関係
  • レコーディング
  • VST & VSTi
  • V-Drums
  • Youtube他ビデオ共有サイト
  • パソコン 関連
  • ドライブ関連
  • 過去の記事(147
  • 2010 年 04 月 (1)
  • 2010 年 03 月 (2)
  • 2010 年 01 月 (1)
  • 2009 年 12 月 (2)
  • 2009 年 11 月 (5)
  • 2009 年 08 月 (1)
  • 2009 年 07 月 (2)
  • 2009 年 05 月 (2)
  • 2008 年 05 月 (1)
  • 2008 年 04 月 (1)
  • 2008 年 03 月 (1)
  • 2008 年 02 月 (1)
  • 2008 年 01 月 (6)
  • 2007 年 12 月 (1)
  • 2007 年 11 月 (3)
  • 2007 年 10 月 (1)
  • 2007 年 09 月 (3)
  • 2007 年 08 月 (3)
  • 2007 年 07 月 (3)
  • 2007 年 06 月 (7)
  • 2007 年 05 月 (5)
  • 2007 年 04 月 (5)
  • 2007 年 03 月 (4)
  • 2007 年 02 月 (5)
  • 2007 年 01 月 (10)
  • 2006 年 12 月 (5)
  • 2006 年 11 月 (3)
  • 2006 年 10 月 (6)
  • 2006 年 09 月 (3)
  • 2006 年 08 月 (6)
  • 2006 年 07 月 (6)
  • 2006 年 06 月 (7)
  • 2006 年 05 月 (1)
  • 2006 年 04 月 (2)
  • 2006 年 03 月 (16)
  • 2006 年 02 月 (3)
  • 2006 年 01 月 (1)
  • 2005 年 11 月 (1)
  • 2005 年 08 月 (1)
  • 2005 年 07 月 (2)
  • 2005 年 06 月 (3)
  • 2005 年 05 月 (5)
  • 過去ログ
    リンク
  • モバイル
  • ネットマニア
  • 34th Street One Man Band
  • サイト内検索
     64ビット版のWINDOWSと音楽、楽器、機材 2
    大手楽器メーカの場合ヤマハ、ローランドなどは古い製品でも64ビット対応のドライバーが提供されている。

    音楽の製作では特に新しいDAWなどを使うほど高性能のCPUと大量のメモリーを搭載していないと動きが悪い。私の環境は最新のDAWではないが、やっぱり高性能のCPUと大量のメモリーが搭載されていないと、実際に作業をすると、動きが悪いと感じることがしばしばある。64ビット版のOSの最大のメリットは多くのメモリーが搭載できること・。・らしい。・・ VSTなどのを多く動かすとメモリーを増設したいと思う。 グラフィックアクセラレーターも性能が悪いと動きに支障がある。画面が常に動く、DAWではバカにならない。

    最新DAWが出るたびに必須動作条件が厳しくなる。音楽制作用のパソコンはある程度高性能のパソコンが必要だと感じる。

    調べると想像以上に、64ビット版OSにだいぶ移り変わってきている気がした。当然のように動作条件のハードルもだいぶ高いと感じた。

    パソコン 関連 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
    (2009/11/27(Fri) 23:19:17)

     USB 3.0
     コンピュータは今でも日新月歩。まだ一般のUSB3.0の対応のパソコンは見当たらないが、マザーボードはUSB3.0に対応しているものがある。あっという間にUSB3.0が標準になるんだろう。音楽制作では外部機器との通信速度がかなり重要なのでUSB3.0は音楽市場では大きなビジネスになると思う。個人的にもUSB3.0は気になる。これもちょこまか調べてみたい。
    パソコン 関連 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
    (2009/11/26(Thu) 21:23:41)

     64ビット版のWINDOWSと音楽、楽器、機材
    以前は気にした事がなかったがWINDOWS7が出たことで64ビットのOSに関心がでた。
    XPでも64ビットのWindows XP Professional x64 Editionというのがあった。このOSについて何の関心もないのでわからない
    VISTAでも64ビットはあったけど何かと使用する上で制約(使えないものが出る)を受ける気がして関心がなかった。
    32ビット版と64ビット版の最大の違いは、認識して利用できる最大メモリー容量の違いだ。32ビット版は、2の32乗(約4GB)
    までのメモリーしか利用できない。現在、4GBのメモリーを搭載するパソコンが増えているが、既に32ビット版の上限いっぱい
    まで使っているのだ。4GB以上は増設しても利用できない。記事より『32ビット版と64ビット版の最大の違いは、認識して利用
    できる最大メモリー容量の違いだ。32ビット版は、2の32乗(約4GB)まで、これに対して64ビット版は、2の64乗までのメモリー
    を理論的に扱える。メモリースロットの多いパソコンなら4GB以上のメモリーを搭載できる。というのがある。
    実際には一番の問題は周辺機器が使えるかどうかメモリー容量の上限以外に32ビット版と64ビット版に大きな違いはない。
    では多くのメモリーが使える64ビット版を選んでおけば間違いないのかというと、そう簡単にはいかない。ソフトウエアと
    手持ちの周辺機器のハードウエアが64ビット版のWindows 7で動作するかどうかを確認しなければならないからだ。』
    とある。

    Windowsで音楽をする場合OSの問題は大きい。個人的にはまだ32ビット版の方が良い気がする。
    まだ良くわからないことばかりなので時折調べてみないと思う。。

    新しいハードウェアでは、64ビット版のドライバーが出ているものもそこそこ見受けられるが、数年?という微妙な前になると32ビットのみ対応も見受けられる。記事では、海外は64ビットかが進んできているとある。所有機材のドライバーがVISTAの64 WINDOWS7の64ビットに対応しているか調査せずにOSを64ビットにするとまだ困りそうだ・・。

    ただ、少しずづ64ビット版が増えている気もする。



    NIKKEI Trendy.Net の記事
    パソコン 関連 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
    (2009/11/23(Mon) 20:01:28)

    過去の話題

  • CPUのパワー不足
  • 南こうせつ 40周年記念コンサート
  • 部屋の模様替え
  • VSTの関係サイト更新
  • Cantabile Lite とAuslogic Disk Defrag
  • ローカルサイトの追加
  • 64ビット版のWINDOWSと音楽、楽器、機材 2
  • USB 3.0
  • 64ビット版のWINDOWSと音楽、楽器、機材
  • 3日間限定 TC Electronic VSTエフェクト リバーブ無償配布 GET M30 Studio Reverb
  • 高中正義 虹伝説
  • CSS統一
  • We Are The World
  • ミキシング マスタリング
  • ハードディスク
  • ひさしぶりのブログ
  • 錦鯉
  • 今月多忙につき・・・
  • 今月多忙につき・・・
  • 激戦の一週間
  • Stage6
  • BenQ G2400W 24インチLCD
  • アルコールチェッカー
  • 家電ショップ廻り
  • Veoh TV インストール
  • 我が家にVISTAが来た。
  • 師走
  • 同世代・・
  • 弾き語りに思う・・
  • 陣内大蔵 ディナーコンサート
  • V-Drums はまってしまって大変
  • サックスとヤマハWX5との差
  • YOUTUBE 動画
  • Roland V-Drums
  • ROLAND TD-3KW-S V-Drums
  • ローランド エレドラ
  • 虹ヶ浜 光花火大会
  • YAMAHA WX5 こいつはいつも最高
  • 常磐公園他
  • ノートのハードディスク交換


  • ログイン

    Copyright © 2004 Oyaji No Boo log. All Rights Reserved.
    [PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]