Oyaji No Boo log
64ビット版のWINDOWSと音楽、楽器、機材
以前は気にした事がなかったがWINDOWS7が出たことで64ビットのOSに関心がでた。
XPでも64ビットのWindows XP Professional x64 Editionというのがあった。このOSについて何の関心もないのでわからない
VISTAでも64ビットはあったけど何かと使用する上で制約(使えないものが出る)を受ける気がして関心がなかった。
32ビット版と64ビット版の最大の違いは、認識して利用できる最大メモリー容量の違いだ。32ビット版は、2の32乗(約4GB)
までのメモリーしか利用できない。現在、4GBのメモリーを搭載するパソコンが増えているが、既に32ビット版の上限いっぱい
まで使っているのだ。4GB以上は増設しても利用できない。記事より『32ビット版と64ビット版の最大の違いは、認識して利用
できる最大メモリー容量の違いだ。32ビット版は、2の32乗(約4GB)まで、これに対して64ビット版は、2の64乗までのメモリー
を理論的に扱える。メモリースロットの多いパソコンなら4GB以上のメモリーを搭載できる。というのがある。
実際には一番の問題は周辺機器が使えるかどうかメモリー容量の上限以外に32ビット版と64ビット版に大きな違いはない。
では多くのメモリーが使える64ビット版を選んでおけば間違いないのかというと、そう簡単にはいかない。ソフトウエアと
手持ちの周辺機器のハードウエアが64ビット版のWindows 7で動作するかどうかを確認しなければならないからだ。』
とある。

Windowsで音楽をする場合OSの問題は大きい。個人的にはまだ32ビット版の方が良い気がする。
まだ良くわからないことばかりなので時折調べてみないと思う。。

新しいハードウェアでは、64ビット版のドライバーが出ているものもそこそこ見受けられるが、数年?という微妙な前になると32ビットのみ対応も見受けられる。記事では、海外は64ビットかが進んできているとある。所有機材のドライバーがVISTAの64 WINDOWS7の64ビットに対応しているか調査せずにOSを64ビットにするとまだ困りそうだ・・。

ただ、少しずづ64ビット版が増えている気もする。



NIKKEI Trendy.Net の記事
poko
2009/11/23(Mon) 20:01:28

名前:
題名:
コメント:

[TOP]
(c)FLEUGELz
Netmania