Oyaji No Boo log
64ビット版のWINDOWSと音楽、楽器、機材 2
大手楽器メーカの場合ヤマハ、ローランドなどは古い製品でも64ビット対応のドライバーが提供されている。

音楽の製作では特に新しいDAWなどを使うほど高性能のCPUと大量のメモリーを搭載していないと動きが悪い。私の環境は最新のDAWではないが、やっぱり高性能のCPUと大量のメモリーが搭載されていないと、実際に作業をすると、動きが悪いと感じることがしばしばある。64ビット版のOSの最大のメリットは多くのメモリーが搭載できること・。・らしい。・・ VSTなどのを多く動かすとメモリーを増設したいと思う。 グラフィックアクセラレーターも性能が悪いと動きに支障がある。画面が常に動く、DAWではバカにならない。

最新DAWが出るたびに必須動作条件が厳しくなる。音楽制作用のパソコンはある程度高性能のパソコンが必要だと感じる。

調べると想像以上に、64ビット版OSにだいぶ移り変わってきている気がした。当然のように動作条件のハードルもだいぶ高いと感じた。

poko
2009/11/27(Fri) 23:19:17

名前:
題名:
コメント:

[TOP]
(c)FLEUGELz
Netmania